施工事例

結露問題解決!真空ガラス・スペーシア 2015年12月11日(金)

先週に引き続き今週も結露問題解決編です。

先週、ご紹介した樹脂製内窓【プラマードU】が取付出来ないご家庭に是非、ご紹介したい商品が日本板硝子から発売されている【真空ガラス・スペーシア】です。

(※プラマードUは、既存サッシの内側に7cm以上の額縁が付いていないと取付できません。詳しくは先週の施工事例のコーナーを参照してください。)
https://takata-kougyou.jp/news/2794

真空ガラス・スペーシアは、通常の単板ガラスの約4倍、ペアガラスの約2倍の断熱性能があります。

ペアガラスは、2枚のガラスの間に空気層を作るのが一般的ですが、真空ガラス・スペーシアは、2枚のガラスの間を真空状態して断熱性能を高めたガラスです。
(※空気層部分にアルゴンガスを入れて通常のペアガラスよりも断熱性能を更に高めたペアガラスもあります。)

真空ガラス・スペーシアは、ガラスの厚みが6mmなので現在お使いのサッシにもそのまま入れることが可能です。
(※ちなみにペアガラスは単板ガラス専用のサッシに入れることは出来ません。)

正直、ガラスとしては少しお値段が張りますが、壁を剥がし、現在付いているサッシを外し、新しく高性能の断熱サッシを取り付け、また壁を塞ぎ終いをする工事をした場合と比べると工事費はかなり押させられます。

たまに『ガラスだけ変えても変わるとは思えない・・・』とお客様に言われることもあり、なかなか信じて貰えないのですが、
『ガラスを変えるだけで驚くほど劇的に変わります!』

下記の実験動画を是非ご覧下さい。
【スペーシア実験映像】
http://shinku-glass.jp/experiment/ketsuro.html

結露でお悩みの方は、琴平 リフォーム 窓とリフォームのタカタ工業までお気軽にご相談下さい。